中高生限定・
勉強特化型SNSアプリ

逆転合格というワードについて 2021年3月16日

 

色々な学習塾のキャッチコピーを見ていると、「逆転合格!」というワードをよく目にしますよね。

 

これはおそらく数年前に流行った「ビリギャル」の影響もあるでしょうし、現時点での学力や成績があまり良くない生徒にとってはすごく希望を与えてくれる言葉になるからでしょう。

 

もちろん逆転合格というのは素晴らしいことです。私(アドミッションズの開発者)も高2までは全ての教科下から数えた方が早かったというよう情けない成績だったのですが、高3時に突然早稲田に行きたい!と思い、猛勉強して1浪こそしてしまいましたが早稲田の商学部に合格することができました。ですので、私もどちらかというと、逆転合格をしたタイプの人間です。

 

ただ、この言葉を聞いていつも思うのは、

 

「そもそも最初から頑張っておくことに越したことはないじゃん」

 

ということです笑

 

逆転が必要ということは、裏を返せばそれまで勉強を頑張ってなかったということですし、最初から頑張っていた人の2倍、3倍、あるいはそれ以上の努力が必要になりますので、並大抵の努力では逆転合格というのはできません。

 

また、大学受験に関していえば、逆転合格というのは一般選抜のみで通用する概念です。

 

総合型選抜や学校推薦型選抜の場合、いわゆる高1からの評定平均が求められますので、高2まで勉強サボっていたけど、高3から猛勉強して大逆転!というのは基本的に不可能です。

 

高校受験でも地域によって差はありますが、内申点の割合が3割〜5割くらいあるので、学校の勉強をコツコツ頑張らなければレベルの高い高校へは行けません。

 

特に近年各大学は総合型選抜や学校推薦型選抜を重視し、一般選抜の定員を減らしているということを考えると、既に受験学年ならともかく、2年生以下であれば、なるべく早いうちに学校の成績をしっかりとる、志望校が決まっていれば早めに対策をするということが非常に重要になります。

 

逆転合格という言葉を否定するわけでは決してありませんが、「早いうちから勉強して順当に合格を目指す」ほうが間違いなく志望校へ行ける可能性は高くなるということは意識しておきましょう。