中高生限定・
勉強特化型SNSアプリ

のちの満足のために、今を我慢する力 2021年3月16日

 

「のちの満足のために、今を我慢する力」。

 

心理学の世界では「Delayed Gratification」と言うらしいですが、勉強を頑張るためにもっとも大事な能力の一つがこれだと思います。

 

まず前提として、勉強それ自体を目的としてやっている子というのはほとんどいません。
もちろん勉強自体が好き、例えば歴史の勉強をしているとワクワクする!とか、英語を話せるようになるのが楽しい!という子もいますし、それはものすごく素晴らしいことです。

 

しかし、勉強を頑張っている学生のほとんどはやはり何らかの目的、例えば、

 

・志望校に合格したい!

・将来〇〇になりたい!

・学年で上位の成績をとって自分の実力を示したい!

 

など勉強の先に何かしらの目的があるものです。この「明確な目的」は勉強のモチベーションを上げるうえでもっとも重要な要素と言えるでしょう。

 

ただ、明確な目的があるからといって、必ずしも勉強を頑張れるわけではありません。

 

勉強には様々な敵がいますからね。

 

ある意味今の子たちが不幸だと思うのが、ひと昔に比べて勉強を邪魔する誘惑があまりにも多すぎる。。SNSや動画サービス、漫画もスマホで簡単に読めちゃいます。YoutubeやTiktokを見てたら、気づいたら2時間くらい経っていた、というようなことは良くあることだと思います(これは大人でさえあるあるですよね笑)。

 

自分の将来の目的のために、このような様々な誘惑をいかに我慢できるか?
これが勉強で結果を出せる人と出せない人の大きな差です。

 

それじゃあ、「のちの満足のために、今を我慢する力」はどうすれば身に付けることができるか?ということが重要になりますよね。これに関しては実は性格や環境による部分が大きいのですが、「性格や環境次第!」と言ってしまったら身も蓋もありませんよね笑

 

後天的な部分で「のちの満足のために、今を我慢する力」を強化するための一番大事な要素が、

 

・今誘惑を我慢して努力すれば「報われる」と思えるかどうか?

 

ということです。

 

当たり前の話ですよね。人間というのは頑張っても無駄だと思うことを一生懸命やったりすることはありません。勉強してもどうせ無駄だからゲームしてた方がいいなどと思って易きに流れるのです。

 

逆に、「頑張ればもしかしたら行けるかも!」と思えれば多少他のことを我慢してでも頑張れますよね。

 

そのためには日々自分のレベルが上がっていることを実感したり、適切な小目標を決めて着実にクリアすることで自信をつけていくなど、綿密で繊細な学習をしていく必要があります。

 

アドミッションズにはToDoリスト機能などもあり、毎日のやるべきことを計画的にやっていく機能がありますので、ぜひ効果的に使ってみてください!